クォーツガラスコーティング

クォーツガラスコーティング

ガラス系ながら撥水性があります

当社で使用しているQuartz Technica社のProtectionは、有機ポリシラザンを主成分にしたガラス系コーティングでありながら撥水性があります。

これによりガラス系で問題になすりやすいウォータースポットやイオンデポジットが残りにくい利点があります。

一方、ガラスコーティングの特徴である防汚性も維持しており、油脂系の汚れ、虫、鳥糞などの汚れが水洗いだけで簡単に落とせます。

施工に使うQuartz Technica社のProtection製品

滑りによる傷の防止

Protectionの傷防止性能はガラス面の硬さだけではなく、滑りの良さに特徴があります。飛来する砂などの粒子を表面で滑らせることで弾き、傷をつきにくくします。

また、他のガラスコーティングとは異なり、ぎらつくような光沢がなく、新車に施工した場合の見た目の変化は大きくありません。しかしひとたび手で触れたら、その滑りの良さを実感していただけるでしょう。

滑りすぎによるけがを防ぐため、ドアの取っ手部分への施工は控えております。

コーティング施工場所を説明する整備士

ほとんどの汚れは水洗いのみで落とす

おおむね5年は効果が持続します。その間、ほとんどの汚れは水洗いのみで落とすことができ、ワックス等は不要です。

コーティングは車両保険の補償対象となっており、万一の事故の際、破損部分の再コーティングの費用は補てんされます。(保証条件などはご契約している保険会社にお問い合わせください)

キズ等のボディ状態をチェックする整備士

強い撥水効果

施工前は、下記画像のように撥水効果がほとんど見られませんが、Protectionを施した車体には、強い撥水効果が確認されています。走行中は、大気中の汚れを含んだ雨水も転がり落ち、ボディの汚れも残しにくくします。

コーティング施工前
コーティング施工前
施工前のボンネット、弾くことなく水が流れます

 

 

コーティング施工後
コーティング施工後
水を弾いているのが撥水効果の表れです

作業工程

洗車

新車への施工でも洗車は行います。

マスキング・状態チェック

不要な個所にコーティング剤が付着しないようマスキングを行います。その後、強い光を斜めにあてて磨きキズ等、ボディ状態をチェックします。

鉄粉除去

ボディに付着している目に見えない鉄粉を鉄粉除去剤を用いて除去。再付着を防ぐためボディ周辺の空気をエアブローし、クリーンにします。

研磨・研磨剤の除去・脱脂

コンパウンドを用いてボディ表面を平滑に仕上げます。その後、残留している研磨剤を除去し、コーティング剤の密着がよくなるよう脱脂します。

コーティング施工完了

コーティング剤の揮発が早い為、こまめに塗り広げとふき取りを繰り返します。

施工日数・料金

施工にかかる時間は車の大きさ、ボディの傷の状態、色などで変わります。目安としては、軽自動車で6時間前後、ミニバンサイズで1日は必要になります。料金については、下記以外の車種でもお気軽にご相談ください。

アルト,エブリィ,
ジムニーなど

60,900円

ワゴンR,
ヴィッツ,ソリオなど

68,250円

スイフト,
Bb,シエンタなど

73,500円

プリウス
RAV4など

84,000円

クラウン,ハリアー,
マジェスタなど

94,500円

ランドクルーザー,
エスティマなど

102,900円

※上記価格は全て税別価格となります。

コーティング後の取扱いの注意点について

虫や鳥糞の付きやすい木の下への駐車はなるべく避け、海辺の走行後は早目に水洗いをして塩分を落として頂くと、クォーツガラスコーティングの効果を長く維持できます。基本的に水洗いのみで汚れが落ちますので、以下の洗車は行わないで下さい。

  • 洗車ブラシや自動洗車機による洗車
  • 車が汚れたままの水拭き、乾拭き
  • クリーナー入りのワックス、研磨剤入りのコンパウンドの使用
水洗いをする整備士

汚れがひどいときは、市販のカーシャンプーを用いて洗うことができます。その場合は、シャンプーを付けたまま長時間放置せず、早めにすすぎを行い、泡が残らないようにしてください。

専用のメンテナンスキットも販売しております。

専用メンテナンスキット・・・3,500円(税別)

    【内容】

  • 取扱説明書
  • 専用プラスチックケース
  • 洗車スポンジ
  • 専用コンディショナー:油膜汚れを除去
  • ふき取りクロス:傷をつけないマイクロファイバーのクロス
  • 補修液(艶出し剤):水滴跡が除去できない場合に使用
専用メンテナンスキット